取引ルールを教えてください

概要

  1. VALU で発行した後の初回の先行抽選売買を除いて、原則として競争売買という仕組みで取引を行います。
  2. これは、売却したい人(複数)が売却希望価格の注文を出し、購入したい人(複数)も購入希望価格の注文を出し、お互いの価格(一番安い売却注文価格と、一番高い購入注文価格)が一致したところで取引が成立する仕組みです。
  3. βテストなどでこれ以外の取引の仕組みを導入する場合があります。

注文価格の値幅制限

  1. 上記の取引ルールだけでは、売却希望と購入希望が一致しているだけで注文が成立してしまい、VA 価格が短時間に大幅に変動してしまう可能性があります。
  2. 投機的な値動きを抑制するために、取引可能日の 0:00 - 23:59 までの間に注文可能な価格の上限と下限を定めております(値幅制限と言います)。
  3. 値幅は、原則として、取引日前日の最後の取引(終値と言います)を基準に、下限が50%、上限200%までです。

売買手数料 について

VAの取引には次のとおり定める手数料が発生します。

  • 発行者が、自身が発行した VAを売却する時:10%
  • その他の取引:1%(例:発行者AのVAを購入したBが、CにAのVAを売却する場合、など)

時間優先の法則

  1. 次に、1日の中で、売却注文が一つもない際に、複数人が購入注文を出したケースを考えます。
  2. この場合、当該1日の中で新たに売却注文をした人は、先に購入注文をした人と約定します。
  3. 売買が逆の場合も同様です。

分割に関するルール

  • 1 回の分割で分割可能な MY VALU の分割倍率: 2〜10倍
  • 分割後の MY VALU の数量上限: 1,000,000VA
  • 分割完了後に再度分割申請が可能になるまでの日数: 90日間
  • 分割手数料: 分割後のVA数 × 0.00001BTC

チップ送付に関するルール

  • 1回のチップの送付に必要なBTC数量: 0.0001BTC 
    ※ チップ送付者が送付するチップ(手数料含む)は0.0001BTC、そこから手数料を差し引いた0.00009BTCを受領者は受領できます。
  • 1つの投稿に対して送付することができるチップの数量: 制限なし
  • チップの1回の送付にかかる手数料: 0.00001BTC 
    ※ 手数料はチップの送付者が負担

その他のルール

その他、以下のような取引ルールがあります。

  • 1日に売却できるVA数:総発行VA数の10%以下
  • 1日に注文できる数
    • 発行数が100 VA ~ 1,000 VAの場合 → 10 VA
    • 発行数が1,001VA ~ 50,000 VAの場合 → 発行総数の 1%
    • 発行数が50,001VA以上の場合 → 500 VA
  • 1日あたりの取引回数制限:合計30回まで
  • 自分自身が発行した VA の自己売買 :自分自身が売り出した VALU を、自分で買うことはできません(それぞれ別の注文として、成立しない状態で登録されます)
  • 売買注文の自動キャンセル期限 : 注文を入れた日の4週間後の日曜日
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください