取引に使うBTCはどのように出し入れしますか?

対応している仮想通貨とBTC口座

発行されている VALU を購入するには BTC(ビットコイン)が必要です。他の仮想通貨や、仮想通貨以外の法定通貨(日本円や米ドル等)は、VALU 内で利用することができません。

したがって、VALU で取引を行うためには、VALU 宛に BTC を送金できる取引所等の口座が必要となります。BTC 取引口座をお持ちでない方は、日本国内で営業し、仮想通貨交換業の登録をしている事業者にて口座開設を行うことを推奨いたします。具体的な取引業者については、弊社の対応範囲を超えるため掲載を控えます。

VALU ウォレットへの送金

口座の準備ができたら、BTCを調達した上で、送金先となる VALU 側の BTC アドレスを確認します。BTC の入出金に関する情報はすべてメインメニューから「ウォレット」メニューを選択すると確認することができます。右上のアイコンからメインメニューを開いて、「入金」タブが開いているはずなので「BTCを入金する」の項目に書かれているBTCアドレスをコピーするか、QRコードでのアドレス読み取りが可能な場合は、QRコードを使って送金先アドレスを入力してください。

取引所や、BTCネットワークの混雑具合にもよりますが、早ければ15分程度、遅くとも2,3日以内には 「入金」ページの「BTC入金履歴」に「承認済」の入金履歴が表示されて、入金が完了します。

BTC 取引口座への出金

反対に、VALU からご利用の BTC 取引口座に出金する場合は「出金」タブから送金先の BTC アドレスと数量を入力します。BTC アドレスを間違えて送金するとリカバリーすることができずに、返金されない可能性が高いので、手入力するのではなく、コピー&ペーストして入力する習慣をつけてください。出金先アドレス間違いによる損害については、VALU カスタマーサポートは一切の責を負いかねます。

また、出金のたびに、所定の出金手数料が必要となり、24 時間以内に出金できる BTC 数量にも上限が設定されています。手数料ならびに、上限は変動する可能性がありますので、「出金」タブのページにてご確認ください。

その他のウォレット機能

その他の機能として、ウォレットメニュー画面の右上には、利用可能な BTC 数量と利用中の BTC 数量が表示されます。利用中の BTC とは、購入注文を出して、注文が成立していない間、いつ注文が成立しても支払いが完了するように、保有している BTC の中から注文分を出金できないように保持している分です。出金できる BTC の上限は、利用可能 BTC から、出金手数料を引いた額になることに注意してください。

また、2017年7月までに VALU のウォレットに BTC を保有していたユーザーには、BCH(ビットコインキャッシュ)が初めて生成された時に、その時点の利用可能 BTC と同数の BCH が付与されています。そのため、「Bitcoin Cach」のタブをクリックすることで、BCH の残高と、外部への送金が可能です。BCH の出金にも所定の手数料が BCH 単位で発生します。BCH の出金先アドレスとして BTC アドレスを誤って入力した場合、送付した BCH が返金されない可能性がありますが、VALU カスタマーサポートでは一切の責任を負いませんのでご注意ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください