機能アップデート:ユーザー登録用 SNS として LINE がご利用可能になりました(2019.1.9)

新年あけましておめでとうございます。2019年も VALU でやりたいことへの第一歩を踏み出す方が一人でも多く誕生することを運営チーム一同願っております。

さて、昨年末の iOS 用アプリにひっそりと実装しておりましたが、この度 web 版のVALUにも対応いたしましたので、ユーザー登録の LINE 対応を正式にお知らせいたします。

LINEアカウントによるユーザー登録

具体的な機能としては、従来のFacebookユーザーでの認証と同様に、LINEにログインすることで、新規VALUのユーザー登録を行うことができます。また、すでにFacebookユーザーでユーザー登録を行っている場合には、LINEユーザーを追加で連携することが可能となり、Facebook、LINE両方でユーザー登録を行っている場合、いずれか一方の登録を削除(解除)することも可能です。

要点のまとめ

  • Facebookユーザーだけでなく、LINEユーザーでもVALUのユーザー登録が可能
  • どちらか一方でユーザー登録した後に、もう一方も連携可能
  • 両方連携した状態では、どちら一方の連携を解除可能

<ご注意>VALU はお一人様1ユーザーのみご利用が可能です。複数アカウントの所有は利用規約違反となり、発見しだい、ご利用の制限を行った上で、いずれか一方のアカウントを残して強制的に退会していただく、などの対応を行う場合がございます

LINE で VALU ユーザー登録した場合制約事項

1. LINEユーザーを利用して、VALUユーザーを登録した場合には、LINEユーザーで登録ている表示名(ハンドルネーム)は VALU の情報ページには表示されません(Facebook ユーザーを利用して、VALUユーザーを登録した場合、登録辞典のFacebookの登録名がVALUの情報ページに表示されます)

2. MY VALU の発行に際しては、Facebookユーザーとの連携が必要です。LINEユーザーのみと連携した状態では、MY VALUの発行申請ができません。

※2018.1.9 訂正

2. LINE以外の3つのSNSアカウント(Facebook, Twitter, Instagram) のいずれか発行基準を満たす SNS との連携が必要です。LINEユーザーのみと連携している場合は発行審査の基準をクリアできません。

 

 

以下は参考情報として記載いたします。

Facebookアカウントを使ったユーザー登録の環境変化

従来、VALUサービスのご利用にあたり、ユーザー登録には Facebook アカウントが必要でしたが、昨年4月のFacebook の API アクセスポリシーの大幅な変更以降、プロフィールへのリンクが事実上不可能となるなど、外部サービスからの利用に大きな制約が生じています。

また、SNS利用シーンの多様化により、Facebook に使っていないが、VALU を利用したい、というご要望も多数お寄せいただいておりました。

ユーザー登録手段の多様化

開発チームでこのような環境の変化や要望への対応を検討した結果、いくつかの候補の中から LINE アカウントを利用したユーザー登録手段を採用することにいたしました。主な理由としては

  • 電話番号認証によって、みだりに複数アカウントが作りにくい仕組みになっていること
  • 国内で広く利用しているユーザーがおり、安定したサービス運営がなされていること

が挙げられます。

もし、お知り合いの方で、Facebookを利用していないので、VALUを使ったことがなかった、という方がいらっしゃいましたら、LINEでも登録できるよ!とお勧めいただければ、大変ありがたく存じます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください