イベントを開催して、チケットを販売したい

イベント:チケット機能の概要

2019年5月末より、VALU に「イベント・チケット」機能が追加されました。

「イベント・チケット」機能は、オンライン上の SNS サービスと連携してイベントの開催と、イベント開催にともなうチケット販売が可能な「ソーシャル チケッティング」サービスと同様の機能に加えて、BTC 決済でのチケット販売や、VALUER 向けのチケット販売といったVALU ならではの独自機能を盛りこんだイベント開催・チケット販売機能です。

イベントを主催する前に

「イベント・チケット」機能を使ってイベントを開催したり、チケットを販売するには、有償イベント、無償イベント問わず以下のお手続きが必要です

  • VALU にユーザー登録していること
  • 本人確認の手続きが完了していること
  • Email アドレスの登録・認証が完了していること

本人確認手続きを行っているユーザーでしたら、MY VALU を発行しなくても、イベント開催は可能です。ただし、後述する VALUER 限定チケットを販売することはできません。

販売できるチケットの種類

「イベント・チケット」機能では、一般的なクレジットカード決済によるチケットの他に、VALUのウォレットから決済するチケットを販売することができます。ただし、同じイベントでカード決済のチケットと、BTC決済のチケットの両方を販売することはできませんのでご注意ください。

加えて、すべての VALU ユーザーが購入できる「一般チケット」と VALUER だけが購入できる「VALUER限定」チケットの2種類のチケット種別があります。

また、チケットの価格は、有料、または無料に設定することができます。

チケットの種類まとめ

  • カード決済(日本円)チケット or VALUウォレット決済(BTC)チケット
  • 一般(誰でも購入可)チケット or VALUER限定チケット
  • 有料チケット or 無料チケット

イベント開催までの流れ

次に、イベント開催までの手続きの流れをご案内します。それぞれの手続きの詳細は後述します。

a. 銀行口座を登録する(クレジットカード決済チケットを利用する場合のみ)

b. イベントを作成する

c. チケットを作成する

d. イベントの審査の申請をする

e. イベント審査OKの連絡がくる(メール)

f. イベントを公開する

g. チケット販売開始する

h. チケットが購入される

i. イベントの準備が整う(会場手配等)

j. イベントを実施する(入場時にチェックイン)

k. チケット売上が入金される

a. 銀行口座を登録する(クレジットカード決済チケットを利用する場合のみ)

カード決済(日本円)チケットの販売を行う場合、事前に銀行口座の登録が必要です。アプリから「主催イベント」メニューを開き「口座設定」タブから銀行口座を登録してください。多くの銀行に対応しているため選択肢をスクロールするのに時間を要する場合には、検索機能をご活用ください。

b. イベントを作成する

リリース時点では、イベントの作成はアプリのみ対応します。iOS または Android アプリからイベントを作成してください。アプリの操作方法については 「イベント・チケット作成方法について知りたい」を参照してください。イベントの開催日は90日以内で設定可能ですが、上図のフローにもある通り、イベント審査を行いますので、作成日から1週間後~90日以内で設定することを強く推奨いたします(※)。

※直近のイベント申請をして、審査が間に合わない場合、イベントは公開されず、チケットを販売することもできませんが、イベント開催に生じた費用について弊社は一切の責任を負いません。

c.チケットを作成する

イベントを作成したら、チケットを作成します。アプリの操作方法については上述のヘルプを参照してください。チケットはイベント公開後に枚数を増やすことができませんので、会場の定員とキャンセル数の想定次第で調整しながら余裕をもった枚数を設定することをお勧めします。また、イベント一覧画面から新規イベントを作成した場合に、チケット作成画面に自動で遷移しませんので、チケットの作成とイベントの公開審査の申請をお忘れないようご注意ください。

d. イベントの審査の申請をする

アプリからイベント公開申請を行うと、運営チームにて、原則として 5 営業日(営業日はカスタマーサポートの営業日となりますので、土日祝や年末年始を除いて数えてください)以内にイベントの審査を行います。

利用規約に記載の禁止事項に抵触していないか、あるいは不足している登録情報がないかなどを審査いたしますが、審査OKになった場合でも、弊社はイベント内容についての一切の保証を行いません。イベント実施前後にトラブルが発生した場合、すべて主催者が解決を行う必要がありますので、利用規約に記載している以外の内容についても、法令を遵守し、必要に応じて専門家のアドバイスを仰ぐなどイベント内容について慎重に計画するようにしてください。

e.イベント審査OKの連絡がくる(メール)

イベントの審査結果をメールにて通知します。リリース時点では、審査NGの理由は開示いたしませんので、不明な場合にはカスタマーサポートにお問い合わせください。

f. イベントを公開する

審査 OK になりましたら、アプリからイベントを公開すると、アプリのイベントタブに表示します。チケットはイベントの開催日前までの期間で自由に販売期間を設定できますので、必ずしもイベントと同時に販売開始にはならないことに注意してください。

また、イベントを公開すると、イベント専用のタイムラインにイベント主催が投稿できるようになります。イベントの集客用に追加情報を書いたり、参加者との交流などに活用してください。なお、イベントは全員に公開のみとなっており、VALUER のみに公開するイベントを作成することはできませんのでご注意ください。

g. チケット販売開始する

チケット作成の際に設定した販売開始日時より、チケットの販売を行います。

チケットは作成時に販売枚数と一人あたりの購入可能上限枚数が設定されていますので、先着順に制限の範囲で同伴者のチケットも購入可能です。ただし、利用規約に記載のとおり、VALU のイベントチケットは譲渡することができません(チケットに本人名義が紐づけられている、と考えてください)。

従いまして、ここで表示される「枚数」とは「同伴可能人数」だとご理解ください。(ただし、チケットに紐づけられた VALU ユーザー以外が提示したチケットでのイベント参加を認めるかについては主催者の判断が優先されます)

また、VALUER 限定チケットは、保有 VA 数の設定を追加することができます。購入に必要な保有 VA 数は同伴者の人数が増えるごとに掛け算で増えていく仕組みです。

例)A さんの VALU を 10VA 持っている B さんが A さんが主宰するイベントで 3VA 必要な VALUER 限定チケットを購入する場合

  • 3VA 必要な VALUER 限定チケットの同伴人数(枚数)を 3 にしたい=9VA 必要→購入可能
  • 3VA 必要な VALUER 限定チケットの同伴人数(枚数)を 4 にしたい=12VA 必要→購入不可

上述の例のとおり、VALUER 限定 Stories 機能に登場した「物理的に保有しているVA数は消費しないけど、1再生ごとに保有しているVA数から1回に閲覧ごとに必要なVA数分を減っていく」という概念がチケットにもございますのでご活用くだされば幸いです。。。つまるところ、主催者の VALU を多数保有している人は、その主催者のイベントに(主催者が購入可能枚数を絞っていなければ)たくさんの同伴者を誘うことができて、ドヤ顔ができる仕組みです。

h. チケットが購入される

イベントは、有料チケットが購入されるまでは、イベント中止に伴うキャンセル手数料が発生しない仕組みになっています。そのため、有料のチケットが 1 枚以上購入された時点で、以降にイベントを中止すると、キャンセル手数料が発生しますので、ご注意ください。また、無料チケット購入者がいる場合にも、イベント中止の際には十分な説明を行ってください。

なお、BTC 決済のチケットについては、手数料無料キャンペーンを実施いたしますのでご活用ください(終了時期については別途お知らせいたします)。

i. イベントの準備が整う(会場手配等)

もうすこしでイベント開催です。張り切って準備しましょう!

j. イベントを実施する(入場時にチェックイン)

イベント・チケット機能では、QR コードによるチケット認証機能を提供しています。イベント直前になると、購入者のチケットにQRコードが表示され、主催者の VALU アプリからスキャンすることで、参加者のチケットの認証が可能です(QR コードを使わずに手動でチェックインを許可する方法もあります)。詳細については「イベントのチェックイン方法、チェックイン管理方法が知りたい」(現在作成中) を参照してください。

k. チケット売上が入金される

イベント終了時間から1週間後(日本円チケットの場合はおおよそ一週間+少し後の営業時間内)に、チケットの売上の振込が実施されます。BTC 決済のチケットは VALU ウォレットに、カード決済のチケットは登録された銀行口座に振り込まれます。カード決済のチケットは、所定の決済手数料と振込手数料が差し引かれた金額で振り込まれます。

また、現在はアプリの「主催イベント」メニューからイベントごとに売上額を確認できますが、今後、イベントでの売上履歴を一画面で日付ごとに一覧できる機能も提供する予定です。

各種手数料について

「イベント・チケット」機能の利用に際しては、所定の手数料が必要です。また、チケットの売上金額が手数料の合計額に満たない場合には、売上は手数料と相殺となり、口座への振込やウォレットへの入金は行われませんのでご了承ください。

クレジットカード決済チケットを利用する場合

決済手数料:イベント売上総額の10%+チケット販売枚数x80円

振込手数料:258円(一律)

キャンセル手数料:決済済みのチケット売上額の 5%(iOS版アプリは、アップデートまでの期間について、銀行振り込みでの対応となるため別途振込手数料が発生する場合があります)

BTC 決済チケットを利用する場合

決済手数料:無料!

振込手数料:無料!

キャンセル手数料:無料

※BTC 決済チケットは、手数料無料キャンペーン期間中の価格です

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください