優待を設定・利用するに際して、どのようなことに気をつけるべきですか

優待を考える際には、次のポイントに留意してください

利用規約で禁止されている内容になっていないか

  1. 優待の内容については、利用規約第11条第6項で定められており、換金性の高い物の提供などが禁止されています。

優待の提供にコストがかかりすぎないか

  1. 優待の仕組み上、ある人(Aさん)が 発行者が売却した VA を保有していて、優待を受けたあとに、VAを売却し、別の人(Bさん)が優待有効期間中に購入した場合、Aさんだけでなく、Bさんも優待を受ける権利があります。
  2. この場合、発行者は一度しか BTC(ビットコイン)を受け取れませんが、優待を2回、履行する必要があります。
  3. 同様に、第三者間の取引でVAが別の人に渡るごとに、新たにVAを保有した人は提供期間中の優待を受ける権利を有します。
  4. 従って、優待の期間を短くしたり、先着順で数量を限定するなど、優待の提供が負担にならないように考慮してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください