卒業優待には、どのような内容を設定したら良いですか

  1. 卒業優待は、自身が発行したVAを廃止する際に、「何をして、何をしないのか」を事前に明示するものです。発行者は自分の責任範囲を明確化し、何らかの事情でVALU上での活動を終えることになっても、事前に明示した約束を果たしすことで、堂々とVALUを卒業することができます。
  2. 以下の点に留意してください
    • 編集履歴は公開されるものの、変更自体は可能
    • 発行者がVAを廃止しない限り、VALUERは卒業優待を受けられない といった点が挙げられます。
  3. 上記を踏まえ、自身のVALUERの数などを想定し、実現可能な範囲で、卒業優待を設定することが重要です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください